富山交番襲撃

事件前にLINEで「バイト先で上司殴った。辞める」と家族に…富山県警、動機解明へ

 島津容疑者は事件当日の26日、アルバイト先である富山市内のファストフード店を早退。午後2時すぎ、同市久方町の県警富山中央署奥田交番の裏口をノックし、応対した所長の稲泉(いないずみ)健一警部補(46)にいきなり襲いかかった。

 この際、刃物を1本手にしていたという。稲泉警部補を数十回にわたって刺すなどした島津容疑者は拳銃を奪って逃走。交番の裏口付近には刃物が1本落ちていた。

 同25分ごろに学校の改修工事の警備員、中村信一さん(68)に発砲。直後に駆けつけた警察官に、両手に刃物を1本ずつ持って襲いかかろうとして撃たれた。奥田小周辺で押収した島津容疑者のリュックサックに少なくとも刃物1本が入っていたという。