大阪北部地震

大阪モノレール、また運休 車両トラブルで

 大阪モノレールを運行する大阪高速鉄道は24日、部品が落下する可能性がある車両が見つかり、全車両を緊急点検するため始発から終日まで全線で運行を中止すると発表した。大阪モノレールは18日に発生した大阪北部地震の直後から運行を停止し、23日に全線復旧したばかりだった。

 同社によると、地震直後の点検で異常が見つかった車両を点検していたところ、新たに台車と車体の間に取り付け、走行中の衝撃を和らげる円柱形のゴムブロック(直径12センチ、長さ13センチ、重さ約5キロ)がはずれかけているのが見つかった。18日の地震の影響とみられるという。

 全ての車両を点検し調べるため、24日は終日運転を見合わせる。25日以降については決まっていない。

会員限定記事会員サービス詳細