日本医師会会長に横倉義武氏 4選

 任期満了に伴う日本医師会(日医、会員約17万人)の会長選挙が23日、東京・本駒込の日本医師会館で行われ、現職の横倉義武氏(73)が前奈良県医師会長の塩見俊次氏(68)との一騎打ちを制し、4選を果たした。任期は2年。

 会長選は367人の代議員が投票。開票結果は横倉氏328票、塩見氏19票、無効票1票、白票19票だった。平成30年度の診療報酬改定で、医師らの技術料にあたる「本体部分」が0・55%引き上げられたことなどが追い風となった。

 横倉氏は福岡市出身で、久留米大医学部卒。福岡県医師会長や日医副会長を歴任。24年の会長選では、当時野党だった自民党との関係改善を主張し、民主党寄りとみられていた現職らを破り初当選。26年の会長選は無投票で再選し、28年も現職の常任理事との一騎打ちを大差で制した。29年10月からは世界医師会長(任期1年)も務めている。