【激動・朝鮮半島】「シベリア鉄道を釜山まで連結」 文在寅氏が描くロシアと南北経済協力に潜むリスクとは…(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

激動・朝鮮半島

「シベリア鉄道を釜山まで連結」 文在寅氏が描くロシアと南北経済協力に潜むリスクとは…

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文(ムン)在寅(ジェイン)大統領は、訪問先のロシアで、シベリア鉄道を韓国まで連結する構想を披瀝(ひれき)するなど、ロシアと北朝鮮との経済協力に前のめりになる姿勢を見せている。ただ、あくまで北朝鮮の非核化と制裁緩和が前提であり、構想に潜むリスクも指摘されている。

 「シベリア鉄道が私の育った朝鮮半島の南端、釜山(プサン)までつながることを期待している」。文氏は21日、ロシア下院で韓国大統領として初めて行った演説でこう語った。ロシアと韓国、北朝鮮の「3者の鉄道やエネルギー、電力の協力は、北東アジア経済共同体の堅固な土台になるだろう」とも強調した。

 プーチン大統領との会談に先駆けて露メディアと行ったインタビューでも、ロシアの天然ガスや電力が「北朝鮮や韓国、日本まで供給されれば、ユーラシア大陸の共同繁栄を促進する道になる」と述べた。

 文氏は南北の共存共栄を目指す「朝鮮半島新経済地図」構想を掲げており、鉄道やエネルギー網のロシアや中国との連結事業はその柱だ。新東方政策の下、露極東地域の開発を進めるプーチン氏も歓迎する意向を示している。