【サッカー日本代表】日本、コロンビアに快勝 1次リーグ突破に前進(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

サッカー日本代表

日本、コロンビアに快勝 1次リーグ突破に前進

 【サランスク(ロシア)=小川寛太、五十嵐一】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場している日本代表は19日、サランスクのモルドビア・アリーナで行われた1次リーグH組初戦でコロンビア代表に2-1で快勝。勝ち点3を獲得し、2大会ぶり3度目の1次リーグ突破に大きく前進した。

 日本は前半開始早々、PKを獲得、香川真司(ドルトムント)が前半6分、落ち着いて決め、先制。退場者が出て10選手でのプレーとなったコロンビアに追いつかれたが、後半28分、左コーナーキックから大迫勇也(ブレーメン)が頭で決勝ゴールを決めた。日本がW杯で南米のチームに勝ったのは史上初めて。大迫が最優秀選手「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本は61位で、コロンビアは16位。4年前の前回ブラジル大会でも対戦し、1-4で敗れた格上の相手に今回、雪辱を果たした。

 日本は出場した過去5大会を見ると、初戦で勝ち点を獲得した2002年日韓大会、10年南アフリカ大会はいずれも1次リーグを突破している。