LINE、「印刷式QR決済」を全国展開へ 導入コスト軽減にメリット

LINEの社員食堂では、QRコードをLINEペイで読み取って買い物をする仕組みがすでに導入されている=東京都新宿区(大坪玲央撮影)
LINEの社員食堂では、QRコードをLINEペイで読み取って買い物をする仕組みがすでに導入されている=東京都新宿区(大坪玲央撮影)

 スマートフォンの無料通信アプリのLINE(ライン)が、小売店や飲食店で紙に印刷された2次元バーコード「QRコード」を顧客にスマホで読み取ってもらう決済方式を全国展開することが18日、分かった。「印刷式」と呼ばれるこのQR決済は、店舗側に導入コストがほとんど掛からないのが特徴。LINEはスマホ決済「LINE Pay(ペイ)」の利用店舗拡大の重要な牽引役としたい考えだ。

 LINEの出沢剛社長が明らかにした。印刷式決済は、店舗側が紙に印刷して掲示したQRコードを、顧客がLINEのアプリで読み取れば商品代金の支払いが完了する。店舗側が紙を貼っておけばいいだけなので「コストのハードルが大きく下がる」(出沢氏)。既にLINEの社内食堂の弁当売り場や、福岡県の仕出し弁当店で導入されている。

 LINEは、LINEペイの利用可能な場所を、年内に店舗や自動販売機など100万カ所に広げる目標を掲げる。現在、QR決済は、利用者がスマホアプリにQRコードを表示して店舗側に読み取ってもらう方式が主流。LINEはコンビニエンスストアなど大手に導入を進めている。

 一方、印刷式だと導入コストがほとんどかからないため、LINEは中小規模の店舗を中心に全国展開する。印刷式をめぐっては、既に中国では露店などで利用されている。国内では、楽天が今年から全国のタクシー会社などに本格的に導入を進めている。

会員限定記事会員サービス詳細