子猫のお世話、してくれませんか? 茨城県が県民対象にミルクボランティア募集 殺処分ゼロへ譲渡促進

 茨城県動物指導センターが、離乳前の子猫の世話をするボランティアを募集している。「ミルクボランティア」と呼ばれ、全国的にも広がりをみせているこの取り組み。授乳などで手がかかるため、多くの子猫が殺処分されていたが、センターに保護されてから、里親捜しをする動物愛護団体に引き渡すまでの飼育をボランティアに委託することで、子猫の譲渡を促進させたい考えだ。

 同センター愛護推進課によると、離乳前の子猫は数時間置きに授乳が必要な上、健康状態が不安定なことも多く、これまでは保護されたその日に安楽死させていたという。

 その状況が変わったきっかけは、平成28年12月に施行された「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」だった。条例施行後、県外の動物愛護団体からも協力の申し出があるなど、「殺処分ゼロ」に向けて機運が高まった。「愛護団体も頑張ってくれているので、県も連携し、可能な限り命をつなぐ取り組みを進めたい」と同課の松田智行課長。手始めにセンター職員で子猫の世話を始めた。

 28年度の猫の殺処分数は1679匹だったが、29年度には375匹にまで減少。譲渡数は597匹から2倍以上の1281匹に増えた。1281匹のうち、約94%の1202匹が生後3カ月未満の子猫だった。

 目を見張る効果があったが、職員だけでは限界がある。より譲渡数を増やすためにも、ボランティアを募集することに決めたという。

会員限定記事会員サービス詳細