DNA型鑑定手法の評価焦点 袴田事件再審、11日に東京高裁決定

 昭和41年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑確定後、静岡地裁の再審開始決定を受け釈放された袴田巌さん(82)の即時抗告審で、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、決定を支持するかどうかの判断を示す。即時抗告審では、地裁決定が決め手としたDNA型鑑定手法の有効性をめぐり、検察、弁護側の攻防が続き、高裁の評価が注目される。

 犯行着衣とされた5点の衣類は、事件から約1年2カ月後、みそタンクから見つかった。地裁決定はこのうち半袖シャツに付着した血痕のDNA型鑑定結果などから、「有力な証拠が捏造された疑いがある」として再審開始を認めた。

 鑑定は、弁護側の依頼を受けた筑波大の本田克也教授が担当した。本田氏は血液細胞を集める作用のある物質「抗Hレクチン」を使って血液由来のDNA型を抽出する新手法で実施し、「袴田さんの血痕ではない」と結論づけた。

 即時抗告審では、新手法を疑問視する検察側が推薦した大阪医科大の鈴木広一教授が検証実験を実施。新手法では「DNA型を分解する酵素が用いられ、不適切」とする報告書を提出、両氏の尋問も行われた。

 弁護側は「検証実験は新手法と異なる条件で行われている」と反論している。

 即時抗告審で検察側は取り調べ内容を録音したテープを証拠開示し、「犯人しか知り得ない事実を明かした」と主張。一方、袴田さんをトイレに行かせず、取調室に持ち込んだ便器で用を足させていたことなども判明し、弁護側は「当初から犯人視し、自白を強要する取り調べが長時間行われていた」としている。

会員限定記事会員サービス詳細