メディア会見録

5月(3)テレ朝社長「放送法4条の撤廃、引き続き注視」

huluで配信中のドラマ「ミス・シャーロック」出演の女優、竹内結子さん(前右)と貫地谷しほりさん
huluで配信中のドラマ「ミス・シャーロック」出演の女優、竹内結子さん(前右)と貫地谷しほりさん

 5月に行われたテレビ・ラジオ各局の会見では、通信と放送の融合を見据えて政府の規制改革推進会議が進める放送制度改革の議論に絡む質問のほか、テレビ朝日プロデューサーの過労死に絡む質問も出た。

「配信の世界でも良いコンテンツを」

 【日本テレビ会見、5月28日午後2時~】

 《政府の規制改革推進会議は5月26日、近く安倍晋三首相に提出する規制改革の答申の骨子を公表した。放送改革で検討する項目としては「通信・放送の融合が進展する下でのビジネスモデルの展開の方向性」などを挙げたが、4月に示された論点整理とほぼ変わらない内容に大久保好男社長が言及した》

 大久保社長「報道などで見た限りですが、4月16日の段階から個別具体的な問題でさらに詳しくなった考え方が出たわけではない。この後の骨太方針の中に盛り込まれることでしょうから、そこででどのようなものが出てくるか注目して見守っている状況」

 《米に本拠地を置く「Hulu(フールー)」が平成23年に始めた日本向けの有料動画配信サービスについて、日本テレビは26年に100%子会社化し、現在は筆頭株主となっている。有料動画配信サービスをめぐっては、4月からTBSやテレビ東京、日本経済新聞社などが出資して新たに「Paravi(パラビ)」がスタート。こうした環境変化に大久保社長が答えた》