米朝会談中止

トランプ氏「私たちの核兵器の方が大量で強力だ。使わずに済むことを神に祈る」 対話機運一転

金正恩氏に宛てられた書簡(ホワイトハウスホームページから)
金正恩氏に宛てられた書簡(ホワイトハウスホームページから)

 トランプ米大統領が6月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談の中止に踏み切ったのは、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ政権の求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」に応じる意思が確認できないと判断したためだ。米政権は今後、軍事的選択肢も視野に入れつつ、北朝鮮が改めて対話の意思を表明しない限りは最大限の圧力をかけ続ける「抑止と封じ込め」路線に回帰することになる。

 トランプ氏が会談中止を決断する決め手となったのは、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が24日の談話でペンス副大統領を「政治的なでく人形」と罵倒した上に、米朝の「核戦争」にまで言及したためだ。

敵対的発言に激怒

 ポンペオ国務長官は、米朝会談で北朝鮮に「完全核放棄」を迫るため、「万全の準備を整えていた」と強調する。しかし、北朝鮮によるここ数日間の敵対的発言に加え、会談準備で米政権の求める「条件」に関して明確な回答がないなどの事態が目立ち始め、トランプ政権は、会談を有利に導くための「揺さぶり」の域を超え、会談自体を「成功」させる意思がないと受け取った。

 トランプ政権高官が米メディアに語ったところでは、トランプ氏は北朝鮮の談話に激怒し、24日朝になって金氏に対して会談中止を通告する書簡の作成に取りかかったという。

 トランプ氏の態度は、会談中止を反トランプ勢力から「政治的失点」と攻撃されるリスクを冒してでも、北朝鮮に対して「あくまで完全非核化」を要求していく立場であることを明確に打ち出すものだ。

 北朝鮮が24日、北東部豊渓里の核実験場を「閉鎖」したことに関しても、「恒久的かつ不可逆的な閉鎖が重要だ」(ナウアート国務省報道官)と指摘。専門家による検証がなされない以上は、「非核化」とは無関係の政治ショーだと冷静に受け止めていた。

 トランプ政権はむしろ、会談中止は北朝鮮への打撃になるとみる。そもそも会談を要請してきたのは北朝鮮であり、会談が実現すれば金氏が自らの「歴史的偉業」として喧伝(けんでん)していたのは明白だからだ。

会員限定記事会員サービス詳細