米朝会談中止

自民・岸田文雄氏「対話のための対話は意味ない」 共産・志位和夫氏「米朝首脳会談の実現へ努力を継続を」

 公明党・井上義久幹事長「朝鮮半島の非核化に向けた第一歩を踏み出すことになるのではないかとの期待があったので、大変残念だ。完全かつ検証可能で不可逆的な非核化の目標は何も変わっていないので、引き続き、双方の努力を期待したい」

 立憲民主党・福山哲郎幹事長「激烈な駆け引きが始まっている。米朝首脳会談(の可能性)が全くなくなったとは考えていない。各国の動きを注視する必要がある」

 共産党・志位和夫委員長「朝鮮半島の非核化と北東アジアの平和体制の構築に向けた米朝首脳会談の実現に世界の多くの人々が強い期待をかけている。米朝双方が首脳間の緊密な意思疎通を強め、首脳会談の実現に向けた努力を引き続き行うことを強く求める」

会員限定記事会員サービス詳細