台湾でダイソーに罰金1億5000万円 不正輸入で

 【台北=田中靖人】台湾の経済部(経済産業省に相当)は23日までに、100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業(広島県東広島市)の台湾子会社に違法行為があったとして、罰金4164万台湾元(約1億5000万円)と輸入許可の撤廃処分を出した。同日の立法院(国会)で明らかにした。

 大創産業などによると、同社の台湾子会社は2015年11月、台湾当局が東日本大震災後に輸入を禁止している福島など5県産の食品を別の産地と表示して輸入し、6カ月の輸入停止処分を受けた。さらに、その期間中、書類の日付を書き換えて別の商品を輸入した。

 野党の立法委員(国会議員)が書類偽造疑惑を暴露し、経済部に調査を求めていた。処分は18日付で、今後2年間、自社による商品の輸入ができなくなる。同社は01年8月から台湾に進出し、現在は「大創生活百貨」の店名で59店舗を運営している。大創産業は今後の台湾での事業継続について「検討中」としている。

 福島など5県産食品については日本政府が台湾に輸入解禁を求めている。今回の処分で、改めて台湾世論に影響を及ぼす可能性がある。

会員限定記事会員サービス詳細