加計学園問題

「27年2月に首相に獣医学部新設計画説明」 愛媛県が新文書を国会提出

 愛媛県は21日、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍晋三首相が3年前の平成27年2月、学園の加計孝太郎理事長と面談し、獣医学部新設構想の説明を受けていたとする新たな内部文書を国会に提出した。野党は29年1月20日に学園の計画を初めて知ったとする首相答弁と矛盾するとして追及を強めている。ただ、政府関係者によると、首相官邸での首相と加計氏の面談は確認できなかった。学園も面談の事実を否定した。

 文書によると、県職員が27年3月3日に学園関係者と打ち合わせを行った際に、学園側から「2月25日に理事長が首相と15分程度面談した」との報告を受けた。加計氏は「今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指す」などと説明し、首相は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたと記されている。

 また、柳瀬(やなせ)唯夫(ただお)元首相秘書官(現経済産業審議官)から「改めて資料を提出するよう指示があった」との記載もある。さらに、27年2月には学園と県、今治市が加藤勝信内閣官房副長官(当時)と面会したことも記されていた。

会員限定記事会員サービス詳細