加計学園問題

愛媛県の新文書に反論 柳瀬氏「同席した覚えも話を伺った覚えもない」首相の指示も否定

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍晋三首相が平成27年2月に学園の加計孝太郎理事長から説明を受けていたとする新たな内部文書を愛媛県が国会に提出したことを受け、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)は22日、「私は同席した覚えはないし、その話を伺った覚えもない」と述べ、首相と加計氏の面談を否定した。省内で記者団の問いかけに応じた。

 新文書には、加計氏が首相に「国際水準の獣医学教育を目指す」などと説明したのに対し、首相は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたと記されている。また、柳瀬氏から「改めて資料を提出するよう指示があった」との記載もあった。

 柳瀬氏は首相から獣医学部新設に関する指示はなかったと明言した上で、「私が安倍総理と加計理事長の面談を踏まえて資料の提示をお願いした覚えもない」と反論した。

 世耕弘成経産相はこの日の閣議後記者会見で「首相は指摘された日に加計理事長と面会していないし、話を聞いていないと言っており、それに尽きる」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細