加計学園問題

「当事者が説明責任を果たすことが一番大事」 野田聖子総務相

野田聖子総務相(春名中撮影)
野田聖子総務相(春名中撮影)

 野田聖子総務相は22日の閣議後の記者会見で、愛媛県が加計学園をめぐる新たな文書を提出した件に関し「報道については承知しているが、詳細については存じていない。国会で当事者が、国民に対して嘘をつかない説明責任を果たしていくことが一番大事だと思う」と語った。

 愛媛県は21日、安倍晋三首相が平成27年2月に学園の加計孝太郎理事長と面談し、獣医学部新設構想の説明を受けていたとする新たな文書を国会に提出した。

会員限定記事会員サービス詳細