石原和幸さん7年連続金メダル 世界的ガーデンコンテスト

石原和幸さん7年連続金メダル 世界的ガーデンコンテスト
石原和幸さん7年連続金メダル 世界的ガーデンコンテスト
その他の写真を見る (1/3枚)

 世界で最も権威あるガーデンコンテスト「チェルシー・フラワーショー」が22日、ロンドン市内で開幕し、庭園デザイナーの石原和幸さんの出展作「おもてなしの庭」が庭師部門のベストガーデン賞と金メダルを獲得した。

 同コンテストは、エリザベス女王が総裁を務める英国王立園芸協会が主催し、世界中から著名な園芸家が出展。石原さんは同部門に出展された7作品の内で最も優れた評価を受け、ベストガーデン賞を受賞。作品ごとの最高評価となる金メダルと併せてダブル受賞となった。ベストガーデン賞は4回目、金メダルは7年連続、計10個目の受賞となる。

 おもてなしの庭は、八角形の東屋(あずまや)の横を滝が流れ、紅葉やカキツバタ、コケなどがふんだんに配された純和風の作品。日本のおもてなしの文化に発想を得て、庭園を訪れる人の感動を呼び起こしたいという思いが込められている。前日の内覧会には石原さんのファンでもあるアン王女やデザイナーのポール・スミス氏らも視察に訪れた。石原さんは「庭づくりやガーデニングを通して、日本の美しさを海外にどんどん発信していきたい」と意気込んでいた。

会員限定記事会員サービス詳細