特殊詐欺で3000万円 容疑の受け子逮捕 神奈川

 金融機関の職員などになりすまして男性から現金3千万円をだまし取ったとして、神奈川署は詐欺容疑で、自称埼玉県深谷市上野台の無職、黒沢誠貴容疑者(26)を逮捕した。「紙袋を3回受け取ったが詐欺だとは知らなかった」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は、7日から9日までの間、共謀して横浜市神奈川区に住む80代の無職男性に金融機関の職員などを装って「あなた名義で船舶会社の債権を購入した」「名義貸しが判明した。名義貸しは犯罪です。解約には同額が必要」などと嘘の電話をかけ、現金合計3千万円をだまし取ったなどとしている。

 同署によると、10日にも現金2千万円を要求する電話があり、銀行に現金を引き出しに来た男性から話を聴いた行員が110番通報して事件が発覚。男性宅周辺の防犯カメラの映像から黒沢容疑者が浮上した。

 同署は、黒沢容疑者が現金を受け取る「受け子」役だったとみて、共犯者の行方を追っている。

会員限定記事会員サービス詳細