【橋本奈実の芸能なで読み】まゆゆ初のミュージカル主演 月2回ムラ通いの熱心な宝塚ファン、夢叶い舞台へ(2/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

橋本奈実の芸能なで読み

まゆゆ初のミュージカル主演 月2回ムラ通いの熱心な宝塚ファン、夢叶い舞台へ

 国民的アイドルグループでセンターも務める方ですから、知り合いのつてをたどれば、チケット入手できるかもしれません。ですが、友人に借りた宝塚の映像を見て「生の舞台を見たい」と初めて思った渡辺さん。インターネットで調べ、当日券があることを知り、当日の朝から、東京宝塚劇場に並んだそうです。

 平成23年、元花組トップ、蘭寿(らんじゅ)とむさんのトップお披露目の東京公演。「2階の一番後ろの席で。蘭寿さんの姿は米粒でしたけど、すごく格好よくて。一気にはまりました」。

 それから、宝塚の専門誌を読み、CSの専門チャンネルを見る日々。「多いときは月2回、ムラに行っていました。百周年のイベントにもいきました」

 このムラというのは、ファンが使う、郊外にある宝塚大劇場の呼び名です。宝塚担当の記者にはそう言いましたが、合同取材時には一切、「宝塚用語」を使いませんでした。むしろ、宝塚の話が出ると、宝塚を知らない方にも分かるよう、ていねいに説明を加えていました。その場に応じた完璧な受け答えに、さすがだな、と思いました。