米軍電子戦機が緊急着陸 百里基地で燃料補給 

 14日正午ごろ、航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)に、米軍のEA18G電子戦機2機が緊急着陸した。

 北関東防衛局によると、米領グアムのアンダーセン空軍基地から米軍三沢基地(青森県三沢市)に向けて飛行していたEA18G3機のうち、1機に燃料補給が必要になり、別の1機とともに緊急着陸した。けが人はなかった。

 同日午後3時20分ごろには、アンダーセン空軍基地から整備機材を積んだ米軍のC17輸送機が百里基地に着陸した。燃料を補給したEA18Gの点検などが目的とみられる。

 EA18Gは電子機器による偵察や敵機の電子妨害などを任務としている。