旧日本海軍・高雄警備府を初公開 台湾海軍が今も当時の建物使用

旧日本海軍・高雄警備府を初公開 台湾海軍が今も当時の建物使用
旧日本海軍・高雄警備府を初公開 台湾海軍が今も当時の建物使用
その他の写真を見る (1/3枚)

 台湾の国防部(国防省に相当)は2日までに、南部・高雄の海軍左営基地内に残る旧日本海軍・高雄警備府の建物の取材を産経新聞に認めた。建物は現在も台湾の海軍が使用しており、内部の取材は記録に残る限り内外の報道機関を通じて初めてという。

 警備府は横須賀など「軍港」に次ぐ「要港」の管理・兵站組織。台湾の海軍司令部が2016年に出版した左営基地の歴史に関する書籍「鎮海靖疆」によると、旧日本海軍は1940年(昭和15年)、南進の拠点として漁港だった左営を海軍基地に拡張する工事を開始。43年(同18年)4月、台湾海峡に浮かぶ澎湖諸島の馬公から警備府を高雄に移した。高雄警備府の下には海兵団や航空戦隊、病院などが置かれ、将兵約8000人が勤務した。

 基地は終戦で国民党政権が接収。警備府の建物は49~54年に「海軍総司令部」となり、現在は海軍の戦術の考案や訓練の教本を作成する「教育訓練・準則発展指揮部」が使用している。旧軍の建物を現在も国防部で使用しているのは台湾で唯一とみられる。

会員限定記事会員サービス詳細