【激動・朝鮮半島】在韓米軍撤退論はアキレス腱 文在寅氏は「平和協定と関係ない」と即座に火消し(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

激動・朝鮮半島

在韓米軍撤退論はアキレス腱 文在寅氏は「平和協定と関係ない」と即座に火消し

 ただ、トランプ米大統領は「米国は貿易でも、軍隊でもカネを失っている」などと米軍の韓国駐留費問題に度々言及しており、韓国では、米国が在韓米軍問題を北朝鮮との交渉材料にするのではないかとの疑念も持ち上がっている。

 休戦協定の別の当事者である中国の存在も無視できない。中国はかねて北朝鮮の核開発と米韓合同軍事演習の同時中断を唱え、今後、北朝鮮の非核化に合わせ、在韓米軍の削減を主張することも予想される。