維新を歩く

甲州・大善寺 近藤勇と板垣退助が激突 古戦場や錦絵、砲弾で往事しのぶ

 柏尾の戦いで、両軍は大砲を使用した。今も残る2つの不発弾が、同館のシンボル展「山梨の明治」(5月26日~6月25日)で公開される。

 学芸員の小畑茂雄さん(42)は「当時、柏尾の戦いを見に行った人が不発弾を持ち帰り、子孫に伝えられたものといいます」と説明する。

 山梨において、明治維新に向けた大きなうねりを実感させる貴重な史料であり、一見に値する。 

 ■大善寺 甲州市勝沼町勝沼3559。JR中央線勝沼ぶどう郷駅からタクシーで約5分。ブドウの房を手にした薬師如来像で知られる別名「ぶどう寺」。国宝の薬師堂は築720年以上で関東最古の木造建築物。拝観料は大人500円、小中学生と高校生300円。併設の宿坊は1泊2食5980円から。(電)0553・44・0027。

 ■県立博物館 笛吹市御坂町成田1501の1。中央自動車道の一宮御坂ICから車で約8分。JR中央線石和温泉駅からバスで約10分。観覧料は常設展が大人510円(シンボル展の料金含む)、大学生210円。65歳以上と高校生以下は無料。(電)055・261・2631。

会員限定記事会員サービス詳細