維新を歩く

河井継之助 北越戦争で長岡城奪還 信念貫く武士道

【維新を歩く】河井継之助 北越戦争で長岡城奪還 信念貫く武士道
【維新を歩く】河井継之助 北越戦争で長岡城奪還 信念貫く武士道
その他の写真を見る (1/4枚)

 慶応4(1868)年に勃発した戊辰戦争から150年の節目を迎えた今年は、NHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の影響もあって、明治維新が脚光を浴びている。近代日本への大転換をもたらした維新ゆかりの舞台や人物の足跡は、甲信越や静岡の各県内にも数多く残る。記者が現地を訪ね歩き、歴史の一端をひもといた。

 戊辰戦争の最大の激戦となった北越戦争で徹底抗戦の指揮を執り、新政府軍(西軍)を苦しめた長岡藩の軍事総督、河井継之助(1827~68年)。長岡城の奪還作戦を敢行し、城下を火の海にした張本人として批判的な声が今も残る一方、信念を曲げず意志を貫き通す生き方に憧れを抱く人も少なくない。

 「継之助は今の時代に必要な人間」。こう力を込めるのは、平成18年1月に開館した河井継之助記念館(長岡市長町)の稲川明雄館長(73)だ。

 継之助は幕末に長岡藩の藩政を家老として担い、兵制改革や農政改革のほか、風紀粛正にも積極的に取り組んだ。自らも通ったとされる遊郭の禁止令を発すると「かわいかわい(河井)と今朝まで思い今は愛想もつきのすけ(継之助)」という歌が詠まれたという。

会員限定記事会員サービス詳細