スポーツ通信

「全日本フィギュアをジャッジしたい」 第2子出産の中野友加里さんが抱く夢

 15年に結婚し、翌年8月に長男を出産。育休から復職後は時短勤務で番組予算などを管理する部署で働く。「どうすれば効率よく仕事を終えて、保育園への迎えに遅れないかを考えるようになった。他の社員の皆さんの協力も欠かせません」と打ち明ける。

 家事、育児、仕事と忙しい中で、再びフィギュアスケートの勉強もしようと思うきっかけになったのは横浜のカルチャーセンターに講師として招かれたことだった。

 「新シーズンから大幅変更があるといわれるルールはどうなるのか」などと熱心な質問が飛び交い、より正確に分かりやすく伝える知識が必要と、これまで以上に実感したという。

 同世代のスケーター仲間では荒川静香さんや安藤美姫さん、織田信成さん、小塚崇彦さん、無良崇人さんら子供を持つスケーターも多くなった。

 「いつかパパ会、ママ会をしてみたい。昔の懐かしい話をしながら、みんながどんなふうに子育てをしているのか、ぜひ聞いてみたいです」