自民・麻生、竹下両派が会談、「厳しい時こそ政権支える」

 自民党の麻生、竹下両派の幹部らが27日夜、東京都内で会談し、前財務事務次官のセクハラなど問題が相次ぐ安倍晋三政権を結束して支えるべきだとの認識で一致した。出席したのは麻生派の棚橋泰文事務総長や江渡聡徳元防衛相ら、竹下派の山口泰明事務総長や渡辺博道衆院議員ら5人ずつ。出席者によると「厳しい時こそ現政権を支えよう」などの発言があった。

会員限定記事会員サービス詳細