主張

衣笠さんを悼む 個の魅力の体現者だった

 それは投打の一騎打ちを物語の中心にすえる、個の魅力の再興に通じる。村山実さんと長嶋さん、衣笠さんの盟友だった江夏豊さんと王貞治さんのライバル物語や、巨人戦に闘志をむき出しにした星野仙一さんの時代を懐かしむ。

 ただの懐古趣味ではない。球界には続々と、衣笠さんの子供たちが育っている。

 それは例えば、ソフトバンクの柳田悠岐、西武の森友哉といったフルスイングを売り物とする選手たちであり、投げては165キロ、打っては本塁打という海を渡った大谷翔平のような、規格外の選手の存在である。

 彼らがみせる躍動感には、衣笠さんも目を細めているはずだ。