LGBT配慮のレインボーマーク 当事者指摘で掲示中止に 大阪市の多目的トイレ

 市は検討した結果、「当事者で違和感を覚える人が少しでもいる中で、マークにこだわる必要はない」(担当者)と判断。3月末で掲示を中止し、「どなたでもご利用いただけます」という表示のみにすることを決めたという。担当者は「これからは当事者の多様な意見を踏まえつつ、施策を検討したい」としている。

LGBT レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)の英語の頭文字をとった言葉。性的少数者(マイノリティー)全般をさす言葉としても使われる。専門シンクタンクが平成28年に実施した調査では、LGBTを含む性的少数者に該当する人は国内で約8%(約13人に1人)。

会員限定記事会員サービス詳細