現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

大局観を持ち危機を乗り切れ JR東海名誉会長・葛西敬之

JR東海名誉会長 葛西敬之氏
JR東海名誉会長 葛西敬之氏

対中優位の確保に腰上げた米国

金正恩朝鮮労働党委員長が米朝会談に先立ち、急遽(きゅうきょ)北京を訪問し習近平国家主席と会談した。中国側の発表によれば、北朝鮮は朝鮮半島の非核化に条件付きで賛成し、段階的に実現することで合意したとされる。

この動きは、最近とみに強まりつつある米国の対中警戒心を意識したうえでの中国の演出のように感じられる。中国が真の非核化に向けて北朝鮮にプレッシャーをかけるのか、はたまた現状維持を企図して北朝鮮をかばうのかは、米国の決意と同盟国・日本や国際社会の結束次第ということだろう。

ランキング

  1. 【産経抄】6月25日

  2. 【石平のChina Watch】ロシア通、外交官追放劇の背景

  3. 【主張】世界食料危機 「プーチン飢饉」許されぬ

  4. 金総書記に焦り「朝鮮半島有事に備えよ」 龍谷大の李相哲教授が講演 仙台「正論」懇話会

  5. 【主張】サル痘の流行 警戒怠らず準備を整えよ

  6. 【記者発】国会議員は国の代表か 選挙区の代表か 大阪社会部・江森梓

  7. 【浪速風】謝れない大人たち

  8. 【正論】岸田政権は「骨太」具体化を急げ 慶応大学名誉教授・竹中平蔵

  9. 【産経抄】6月24日

  10. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

会員限定記事