教育動向

高校が大きく変わる!その背景と方向性は? 新学習指導要領

 高等学校の教育が、いま大きく変わろうとしています。高等学校で2019年から先行実施、2022年から年次進行で実施予定の新学習指導要領では、教科目の編成も見直されており、これまでにない大改訂だといいます。

 改訂と大学入試改革の関係、改訂のキーワードである「探究」について、新学習指導要領作成の中核的メンバーである奈須正裕先生にうかがいました。

大改訂の背景-前回改訂の積み残しと世界的な「学力論」の潮流

 今回の学習指導要領改訂によって、いちばん大きく変わるのは高等学校教育です。そこにはいくつか理由があります。

 まず、前回改訂(小・中学校は平成20年、高等学校は21年改訂)時の「積み残し」の問題があります。前回は義務教育段階の「学力低下」への懸念が問題となり、小・中学校の学習内容をかなり大きく変更しました。その結果、高等学校については、教科目の見直しや再編成にまで踏み込むには十分な時間が取れなかったという事情がありました。つまり今回改訂は、高等学校に関しては「20年分を一気にやる」ということになります。

 また、知識・技能を持つだけでなく、それらを自分らしく使いこなす「資質・能力」の育成が、今回の改訂の大きなテーマです。世界的に見ても、学力論は「資質・能力」ベースが主流で、OECD(経済協力開発機構)加盟国を中心に実施される学力調査「PISA」なども資質・能力を問うものとなっています。ところが、日本の高等学校教育は知識の習得や理解に終始しがちだという指摘が以前からありました。

会員限定記事会員サービス詳細