激動・朝鮮半島

韓国芸術団公演を金正恩氏が夫人と観覧 「頻繁にやる、秋にはソウルで」出演者と握手も

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮を訪れた韓国芸術団による公演が1日、平壌の東平壌大劇場で開かれ、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が李雪主(リ・ソルジュ)夫人と観覧した。韓国文化体育観光省が明らかにした。平昌五輪に合わせ、2月に訪韓した金正恩氏の妹、金与正(ヨジョン)氏や金永南(ヨンナム)最高人民会議常任委員長らも出席した。

 金正恩氏は公演中、拍手を送り、公演後には出演者ら一人一人と握手し、「文化芸術公演を頻繁にやらなければ。秋にはソウルでやろう」と語ったという。

 1日に米韓合同軍事演習が始まる中、27日の南北首脳会談に向け、最大限、融和ムードを演出する狙いがあるとみられる。

 金正恩氏は当初、3日に予定されている南北合同での公演を観覧するつもりだったが、スケジュールの都合で急遽、1日の出席となったという。この日、北朝鮮側の要請で開演時間が2度にわたって変更された。

 公演は、女性グループ「少女時代」のソヒョンさんが司会を務め、歌手のチョー・ヨンピルさんや女性アイドルグループ「レッドベルベット」など11組が出演した。平壌では1日、韓国テコンドー演武団の公演も行われた。

会員限定記事会員サービス詳細