シニア歓迎の職場、増えてます 体力、気力に見合ったペースで

 「シニアの方にやりがいや、誰かの役に立っているという実感を伴って働いてもらえる場を提供したかった」と同社の日野清孝広報室長(56)。現在愛知県内の103店舗で370人のシニアが働いており、最高齢は82歳。1日2時間半ほどで週3日働けば、月に2万〜3万円が支払われる。「仕事終わりにモーニングを食べに行くのが楽しみだという声や、商品陳列が脳トレになるという人もいる」(日野さん)。平成32年2月までに500店舗まで拡大予定だ。

 定年後のシニアがマイペースで働ける職場について、ニッセイ基礎研究所の土(ど)堤内(てうち)昭雄主任研究員は、「少しでも現金収入が得られる安心感と誰かの役に立つ喜びや社会との関わりを得ることができ、お金、健康、孤立といった定年後の三大不安の解消につながるのでは」と話した。