【聞きたい。】郭南燕さん『ザビエルの夢を紡ぐ』 知識人を心酔させた言語力(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

聞きたい。

郭南燕さん『ザビエルの夢を紡ぐ』 知識人を心酔させた言語力

 なぜ、宣教師なのか-。「彼らは自分たちのメッセージを伝えるためにも日本人の心、文化を深く知ろうと研究している。その使命感、謙虚な姿勢…やはり聖職者だからでしょうか」

 日本語を母語としないのは自身も同じ。宣教師たちの文学に刺激を受け、「私もいつか小説の創作を…」とひそかに決意している。(平凡社・4000円+税)

 三保谷浩輝

プロフィル】郭南燕(かく・なんえん) 日本語文学者。1962年、中国・上海生まれ。復旦大卒。お茶の水女子大などに学び、国際日本文化研究センター准教授など歴任。『志賀直哉で「世界文学」を読み解く』など著書多数。