ひなちゃんパパの家族レシピ

エッグパンキッシュ

エッグパンキッシュ
エッグパンキッシュ

イースターはイエス・キリストの復活を祝う行事で、春の訪れを祝うお祭りでもあります。「春分の日を過ぎて最初の満月の次の日曜日」で、今年はきょう4月1日です。

「イースターには何を食べたらいいんですかぁ〜?」とひなちゃん。イースターといえば生命の復活の象徴として卵が知られています。カラフルに彩色するエッグペイント、庭などに隠された卵を探すエッグハントも有名ですよね。きょうは卵を使ったメニューに決まりです。

「マヨネーズであえた卵をロールパンに詰めて焼くパンキッシュはどうかしら? ブランチにもぴったりよ」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が勧めてくれました。

まず、包丁でロールパンの上部を切って中身をくりぬき、パンの器を作ります。くりぬいた中身はつまみ食いせず、牛乳をふって細かくほぐしました。卵は固ゆでにして刻み、炒めたベーコン、タマネギ、そしてほぐした中身のパンと一緒にマヨネーズであえます。「ゆでたブロッコリーを刻んで加えると彩りが良くなるわ。ベーコンはハムに変えてもOKよ」と、江上先生がアレンジの仕方を教えてくれました。