【華麗なる宝塚】鎌倉出身・朝美絢、めっぽう強い「義経」演じるため「筋トレ」に励む 男役10年「攻めたい」(1/3ページ) - 産経ニュース

速報

速報

13歳西矢椛が最年少「金」 中山楓奈が「銅」 スケボ女子ストリート

メインコンテンツ

華麗なる宝塚

鎌倉出身・朝美絢、めっぽう強い「義経」演じるため「筋トレ」に励む 男役10年「攻めたい」

【華麗なる宝塚】鎌倉出身・朝美絢、めっぽう強い「義経」演じるため「筋トレ」に励む 男役10年「攻めたい」
【華麗なる宝塚】鎌倉出身・朝美絢、めっぽう強い「義経」演じるため「筋トレ」に励む 男役10年「攻めたい」
その他の写真を見る (1/5枚)

 宝塚歌劇団の雪組男役スター、朝美絢(あさみ・じゅん)主演公演「義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)」が兵庫・宝塚バウホールで上演中だ。バウ単独初主演。朝美は「初の単独主演もですが、義経という役ができることがとてもうれしい」と笑顔を見せる。4月9日まで。(橋本奈実)

 天才的軍略で平家を倒したヨシツネ(朝美)が兄のヨリトモ(永久輝せあ)に陥れられ、追われる身となる中、キツネ憑(つ)きの少女、ツネ(星南のぞみ)と出会うことから始まる、妖幻な和風ロック・ファンタジー。作・演出の谷貴矢氏は、演出助手を務めた新人公演で朝美を見たときから、「義経をやらせたい」と考えていたという。

 朝美は鎌倉市出身。鎌倉ゆかりの義経になじみがあった。源氏を調べる学校の授業もあり、頼朝よりも義経が好きだったそう。「修学旅行で平泉にも行きました。今回、まさに落ち延びるところのお話なので、うれしかったです」

 自身が幼い頃に持っていた義経のイメージは「みんなのヒーロー」だった。だが、演じてみると「自分の意志を貫いていて。ただのヒーローではなかったんだなと」

 演出家からは「葛藤してほしい」と言われた。「義経は過去にしたことに悩み、苦しむ。でも私自身はまだ今、突っ走っている最中だから」と笑う。NHKの大河ドラマで滝沢秀明が演じた義経像が参考に。「情深い人ですが、それだけでは許されない時代だったことをイメージして役作りをしています」