金正恩氏電撃訪中

「初外遊、北京は当然」「中華復興、心から祈る」金正恩氏、訪中食事会であいさつ

 長い間、共同の闘争で互いに血と生命をささげながら緊密に支持協調してきた朝鮮人民と中国人民は、実生活を通じ互いの運命を分かつことができないことを体験し、川一つを挟み接する兄弟的隣人である両国にあって、地域の平和環境と安定がどれほど大切であり、それを勝ち取り守っていくことがどれほど価値あることか、はっきりと身にしみています。

 私はさきほど、習近平総書記同志と朝中親善関係の発展と、切迫する朝鮮半島の情勢管理をはじめとした重要事案に対して、深く意見を交わし、朝中両国の社会主義制度を強固にして、両国の人民に幸福と未来を抱かせるための共同の意思を確言しました。

 先代首領らの崇高な意思を尊び、社会主義の偉業のため、神聖な共同の闘争から結ばれ歴史のあらゆる突風のなかでも守られてきた朝中親善関係を新たな高みで強化・発展させることはわれわれ党と政府の確固不動の立場です。

 同志よ、朝鮮労働党と朝鮮人民は、習近平総書記同志を核心とする中国共産党の指導の下、貴国の人民が新時代の社会主義現代化、強国建設の偉業で目覚ましい成果を挙げ、貴国の国際的権威が日ごとに高まっていくことをわがことのようにうれしく思っています。

会員限定記事会員サービス詳細