介護老人施設の96歳女性に熱湯 元職員、傷害で起訴 和歌山・橋本

 和歌山県橋本市の介護老人保健施設「グリーンガーデン橋本」で入所者の女性(96)に熱湯をかけて重傷を負わせたとして、和歌山地検は26日、同施設の元介護職員、梶部雄太容疑者(25)=高野町東富貴=を傷害罪で起訴した。

 起訴状によると、梶部被告は1月9日午前1時20分ごろ、施設内のベッドであおむけに寝ていた女性の口元に熱湯をかけ、唇から顎、肩にかけて全治約50日のやけどをする重傷を負わせたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細