リーダーの素顔

一度辞めた会社で社長に ミキモト社長異色の経歴

【リーダーの素顔】一度辞めた会社で社長に ミキモト社長異色の経歴
【リーダーの素顔】一度辞めた会社で社長に ミキモト社長異色の経歴
その他の写真を見る (1/5枚)

 世界で初めて真珠の養殖技術を確立した御木本幸吉(みきもと・こうきち=1858〜1954年)が、東京・銀座に最初の店を出してから来年で120年。その柔らかく優しい輝きは多くの人々を魅了し、近年は日本クオリティーを求める訪日外国人客の来店が引きも切らない。一度独立し、23年後に古巣へと戻った異色の経歴を持つ吉田均社長(75)が今目指すのは、アジア諸国を軸にしたビジネスの「安定成長」だ。

 --昨年11月のトランプ米大統領の訪日時、改装オープンしたばかりの銀座4丁目本店をメラニア夫人が訪れました

 「横田基地に到着後、直接来られると聞いたので、軽食用にと帝国ホテルからサンドイッチを取り寄せました。さすがに警備が厳重で、店内のフロアを移動するだけでもボディーチェックを受けて閉口しましたね。担当者が真珠養殖の歴史や当社の商品を紹介したのですが、去り際、華麗に投げキッスを送られたのが印象的だったそうです」

 --訪日客の日本みやげとしても人気とか

 「海外にも店はありますが、やはり『日本製』への信頼は絶大です。日本の真珠生産量は、後継者不足でかつての年間3万貫(1貫=3.75キロ)から4000貫まで減りましたが、近年は訪日客需要で価格が上がり、若い担い手も増えてきたのは明るい話です。値上がりとはいえ、6〜7ミリの大粒な真珠でも20万円ほどで買えますから、手の届くぜいたく品ですよ」

会員限定記事会員サービス詳細