リーダーの素顔

一度辞めた会社で社長に ミキモト社長異色の経歴

 「アジア重視です。経済成長だけでなく、安定して商売できることが大きい。ロンドンやニューヨークなどの一等地にも出店していますが、家賃が高いのにテロやデモで閑古鳥が鳴くことも多く、考えさせられます。注目国はインドネシアやフィリピン、ベトナム、カンボジア。ただ資源量は限られ、ブランドを守る必要もあるので、極端な飛躍は考えていません。それが『安定成長』の意味です」

(経済本部 山沢義徳)

 【学生時代】男女7人きょうだいの4人目。父が東京・板橋で営む鉄工所で鉄くず掃除を手伝う合間に、鋼管を使った筋力トレーニングに励み、大学時代はウエートリフティング同好会で活動した。「鉄工所に来たひょろひょろの頼りない学生アルバイトが『ベ平連の活動で捕まった仲間の保釈金を稼ぎたい』と必死に働いているのを見て以来、『姿形で人を判断してはいけない』と考えるようになりました」

 【家族】1男1女は家庭を持ち、孫が合わせて4人。現在は妻と2人暮らし。なれそめは社内でのグループ交際だった。ニューヨーク勤務2年目に呼び寄せて結婚。「当時は現地の物価に比べて薄給だったので、本社に直訴して赴任手当を上げてもらいました」

会員限定記事会員サービス詳細