森友文書

菅義偉官房長官「内閣人事局は「能力・実績主義の仕組み」 官邸への忖度否定

官邸に入る菅義偉官房長官=23日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)
官邸に入る菅義偉官房長官=23日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 菅義偉官房長官は23日の記者会見で、財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題の背景に、省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」を通じた官邸主導への忖度(そんたく)があるとの指摘が出ていることについて「公正、中立に能力・実績主義に基づく最適な人事配置を行う仕組みとなっており、指摘はあたらない」と反論した。

 菅氏は幹部人事を一元化したシステムについて「縦割り行政の弊害を排除し、内閣の重要政策に応じた戦略的な人事配置を実現することを目的としたものだ」と説明した。適格性審査や閣僚や官房長官らによる任免協議などを挙げ、「(人事は)複数の視点によりチェックが行われている」と述べた。

 その上で「今後とも公務の中立性、公平性が損なわれることのないように国家公務員制度の適切な運営に努めてまいりたい」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細