習い事 昔はピアノ、今スイミング 2歳から小学生の半数「習い事している」

 習い事の主流はピアノからスイミングに-。妊娠・育児中の母親向けスマートフォン用アプリなどを展開する、カラダノート(東京都港区)の調査で、今どきの習い事のトレンドが明らかになった。

 調査は同社が2月に実施し、2歳から小学生までの子供を持つ946人のユーザーから回答を得た。

 ほぼ半数が「習い事をしている」と回答。最も多かったのが「スイミング」(約44%)で、「英会話」(29%)が続き、「ピアノ」は4位にとどまった。させてみたい習い事も「スイミング」が最多だった。

 同社の担当者によると、スイミングは「入浴時の洗髪を怖がらないように」「体力をつけ、風邪をひかないように」といった実生活や健康面のメリットを期待する声が多かったとか。さらに、ピアノなどと異なり、自宅での復習がいらず、続ける上で親も楽な点も選ぶ理由に挙がった。