機構改革で政府機能を党に集約 中国中央テレビなど統合も

 また中国メディアを管理する政府直属の国家新聞出版広電総局が国家放送電視(テレビ)総局に改編されるのに伴い、党中央宣伝部が報道・出版、映画部門を直接管理する。さらに国営メディアの中国中央テレビ(CCTV)と中央人民放送局、中国国際放送局を統合して「中央放送電視(テレビ)総局」を新設する。今後、「中国の声」と名称を統一する。このほか党中央統一戦線部に国家宗教事務局を編入するほか国家民族事務委員会も統戦部が直接指導し、宗教・民族政策を党が一元的に担当する。

 今回の全人代で採択された憲法改正では第1条に「中国共産党の指導は中国の特色ある社会主義の最も本質的な特徴だ」との文言が追加され、共産党による指導の正統性が強調された。

 習近平指導部は「党が一切を指導する」として軍や行政、社会を党が一元的に管理する政治体制を構築しようとしている。北京の政治学者は「今回の組織改革は『党政(党と行政)』の一体化であり、中国政治に巨大な変化をもたらす」と語った。