前川喜平氏講演で照会の自民・池田佳隆議員「地元の懸念伝えるのは議員の務め」と説明

 文部科学省が前川喜平前事務次官による名古屋市立中での授業の内容報告を同市教育委員会に求めた問題で、文科省に授業の経緯などを照会していた自民党の池田佳隆衆院議員(比例東海)は22日、「果たして法令に準拠した授業だったのか、地元から懸念があれば、その大切な声を国に伝えるのが国会議員の務めだ。その信念に従って問い合わせた」と述べた。国会内で記者団に語った。

 党文科部会の部会長代理を務める池田氏は、文科省が市教委に送った質問状を事前に見て同省幹部に意見を伝えていた。