就活リサーチ

話題のAI選考 抵抗感のある学生が多数

 企業側にとっても面接は、自社への理解を深め、志望度を高めてもらう場でもあります。今後AIが普及しても、選考プロセスのすべてを任せるのではなく、一部の業務を効率化させて、応募者と向き合う時間を増やす企業が多いと考えられます。よりよい就職・採用のため、AIの活用は今後も進むでしょう。(キャリタスリサーチ 松本あゆみ)

 就職活動や子育てに関する疑問や体験をお寄せください。読者の参考になるものは、「就活リサーチ」や「子育て相談」で紹介させていただきます。〈メール〉life@sankei.co.jp〈FAX〉03・3270・2424

会員限定記事会員サービス詳細