就活リサーチ

話題のAI選考 抵抗感のある学生が多数

 一方で、否定的な意見の学生からは「働くということは人とのつながりが大事だと思っているのでAIだけに判断されたくない」「その企業で働いている人に、一緒に働きたいと思ってもらいたい」など、面接官との相性といった曖昧さも含めて、人に評価してほしいという声が多く聞かれました。理系学生からは「現状のAIは、過去に合格を出した人のデータを参考にすると思うので、画一的な人材が集まってしまうのではないか」という指摘も。

 ほかにも「面接は人物や会社を知るための機会なのに、AIだと会社を知ることができなくなる」という意見も聞かれました。面接の場では、学生も面接官との対話を通じて「この企業に入社してよいか」を判断しています。「面接官の態度が悪かったので、次の面接は辞退した」「面接官が自分の魅力を引き出してくれ、ぜひ一緒に働きたいと思った」などという学生は少なくありません。AIが面接官では、そうした判断ができないため、不満を感じる学生もいるようです。

会員限定記事会員サービス詳細