就活リサーチ

話題のAI選考 抵抗感のある学生が多数

 最近は、人工知能(AI)に関する報道を目にしない日はないほどですが、採用のシーンでも、AIを導入する企業が徐々に増えています。AIが採用に関する問い合わせに回答したり、書類選考をしたり。面接をするAIも登場して話題になりました。AIによる選考について、学生はどのように感じているのか調査しました。

 「自分に合う企業をお勧めしてくれる」ことについては約7割の学生が肯定的に受け止めています。「AIが自分の志向や傾向を分析した上で、自分では探せなかった企業を紹介してくれるといい」など、企業選びに苦戦している学生も多いことから、おおむね賛成のようです。

 しかし、選考となると否定的な意見が増えます。書類選考では約半数(50・2%)、面接試験については約7割(67・5%)が「よいと思わない」と回答しています。

 AI選考に肯定的な学生は「感情が入った人間の曖昧な判断より、よほどあてになる」と、公平性にメリットを感じる声が挙がりました。

会員限定記事会員サービス詳細