平昌の競技会場のバリアフリー「東京大会の参考にしたい」 小池百合子知事、平昌パラから帰国   - 産経ニュース

メインコンテンツ

平昌の競技会場のバリアフリー「東京大会の参考にしたい」 小池百合子知事、平昌パラから帰国  

平昌の競技会場のバリアフリー「東京大会の参考にしたい」 小池百合子知事、平昌パラから帰国  
平昌の競技会場のバリアフリー「東京大会の参考にしたい」 小池百合子知事、平昌パラから帰国  
その他の写真を見る (1/2枚)

 2020年東京五輪・パラリンピックの参考とするため、韓国・平昌でパラリンピックを視察していた小池百合子知事が19日、帰国した。

 都庁で報道陣の取材に応じた小池氏は、競技会場などのバリアフリーに関して「競技に集中できるよう大変工夫しており、東京大会の参考にしたい」と評価。「これからすべきことは山ほどある。一日一日準備を重ねていく」と語った。

 また、今夏以降ボランティア募集が始まることを念頭に、「平昌でもボランティアが活躍していた。東京大会でも選手と同じレベルの意気込みを持って臨んでもらえるようにしていきたい」と述べた。