【平昌パラ】日本選手団が解団式 「安堵感に包まれている」と村岡桃佳 - 産経ニュース

メインコンテンツ

平昌パラ

日本選手団が解団式 「安堵感に包まれている」と村岡桃佳

【平昌パラ】日本選手団が解団式 「安堵感に包まれている」と村岡桃佳
【平昌パラ】日本選手団が解団式 「安堵感に包まれている」と村岡桃佳
その他の写真を見る (1/2枚)

 平昌パラリンピックでメダル10個(金3、銀4、銅3)を獲得した日本選手団が19日、帰国し、東京都内で解団式を行った。前回ソチ大会の6個を上回る目標を達成し、日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長は「最高の日本選手団だった。共生社会実現への大きな推進力となると同時に、東京大会の機運盛り上げに確実につながっていく」とたたえた。

 選手団旗手を務め、冬季1大会で日本人最多のメダル5個を獲得したアルペンスキー女子座位の村岡桃佳(早大)は「うれしさと安堵(あんど)感に包まれている」と晴れやかな表情を見せ、鳥原会長に団旗を返還した。

 スノーボードの男子下肢障害でメダル2個の成田緑夢(近畿医療専門学校)は「小さな一歩を大切にこれからも頑張っていきたい」と語った。