複数ドローンで広域警備、KDDIが実証実験 遠隔操作で不審車追跡

複数ドローンで広域警備、KDDIが実証実験 遠隔操作で不審車追跡
複数ドローンで広域警備、KDDIが実証実験 遠隔操作で不審車追跡
その他の写真を見る (1/2枚)

 KDDI(au)は15日、複数の自律飛行する小型無人機「ドローン」を使った警備の実証実験を公開した。第4世代(4G)移動通信方式を活用して複数のドローンを同時に飛ばし広範囲を遠隔監視することで、大型施設での不審者や不審火の発見、夜間警備などが可能となり、人手不足にも対応できるという。

 実験は神奈川県相模原市のレジャー施設で、KDDI、テラドローン、セコム、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が共同で実施した。

 約150万平方メートルの敷地内で、高度約60メートルの俯瞰(俯瞰)ドローン2機と、約30メートルの巡回ドローン2機の計4機を同時に飛ばし、運航管理室の警備担当者が俯瞰ドローンの撮影した映像を通じて不審者を発見。担当者は巡回ドローンを操作して不審者を追跡し搭載のスピーカーの音声で警告を行った。

 ドローンにはほかにLEDライトや赤外線カメラも搭載しており、火災を検知したり、夜間にライトを照らしながら警備したりすることもできる。

 セコムは既にドローンを使った警備を導入しているが、無線LANを通じた制御のため、導入先のアンテナ工事が必要となり、複数台を飛ばすのも難しかったという。

 NEDOロボット・AI部の弓取修二部長は「東京五輪に向けてドローン警備のニーズは高まる。人材難の時代にいかに省力化して安心・安全を担保するか、技術を洗練させたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細