江藤詩文の世界鉄道旅

トルコ・イスタンブールの交通(1)世界で2番目に古く、世界でいちばん短い地下鉄

 2つの駅の高低差は62m、最大勾配は17%。走行距離573mを時速約20kmで走る。この地下ケーブル鉄道が開通する以前は、丘のふもとのカラキョイと丘の上にあるベイオールを行き来するには急な坂道を歩くか、馬車に乗るかしかなかったそうだ。

 開業当初は木製車両を蒸気で引いていたが、1971年には車両は金属製になり、動力も蒸気から電力に変更された。

 上りは「テュネル」で、下りは自分の足で歩いてみよう。そう予定していたがトンネル内の急勾配を見てその気が失せた。それにヴィンテージ車両が走っているという「ノスタルジックトラム」に乗り継いだ方がいい。

 ところが残念ながら、「ノスタルジックトラム」は路面工事のため一時休業中。復路もおとなしく「テュネル」に乗り込んだ。

会員限定記事会員サービス詳細