米輸入制限

トランプ米大統領、輸入制限の「適用外」示し揺さぶり 厳しい対日要求も

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は鉄鋼・アルミニウムの輸入制限を正式決定する一方、適用除外の余地を残して貿易相手に揺さぶりをかけている。当初の除外国と認定したカナダとメキシコには認定取り消しを、除外されなかった日本などには除外国認定をちらつかせ、貿易不均衡是正に向けた「取引」を迫る構えだ。

 「どの国が米国を公正に扱うのか見てみよう」

 トランプ氏は8日の正式決定に際し、適用除外とする国の選定では、米国の貿易赤字削減に協力する各国の取り組みも判断材料とする考えをにじませた。

 23日に発動される関税の当初の除外国は米国が北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を進めるカナダとメキシコ。だが、トランプ政権は再交渉の進展次第で例外扱いを取りやめる構えだ。メキシコのグアハルド経済相は「関税とNAFTA再交渉は関係ない」と即座に反発している。

会員限定記事会員サービス詳細